読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶんちょうの小部屋

徒然なるままに。

文鳥の香りの分類

f:id:kinako-nejiri:20141208232632j:plain
文鳥の香りは一概には言えない深いものです。しかし、大まかな分類が可能です。
勿論個体差がありますのでこの分類に当てはまらない子もいます。
 
以下に代表的なものを挙げます。
 
出汁系
  • 昆布
  • コンソメ
スパイシー系
  • カレー粉

スイーツ系
  • メープルシロップ
ナチュラル系
  • おひさまの匂い
その他
  • わたぼこり
  • 雑穀の香ばしい匂い
  • 無臭
濡れ文鳥の匂い
  • それぞれの匂いを濃縮したもの
  • ぞうきん
  • 刺激臭
番外:ヒナの匂い
  • 泡玉、パウダーフードなど食物系
  • 甘い香り
  • 優しい香り
他に聞いた話ではレモンの香りの文鳥もいたとか。
文鳥香道を極めるにはさまざまな文鳥との出会いが重要です。
文鳥に「嗅がせていただく」という姿勢を忘れずに励みましょう。