読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶんちょうの小部屋

徒然なるままに。

モテない話

日々のこと
専門学校に通っていた時のことです。
わたしはクラスの6〜7人のグループ内にいましたが、ゼミの都合などでその中でもだいたい女子3人でつるんでいました。

ある日一人の男子が友人(彼氏あり)に近づき始めました。そしてしばらくした後、別の男子がもう一人の友人(彼氏なし)に近づき始めました。
どちらの男子もまあまあ冴えない感じでした。

ある日その男子達が友人達を豊島園に誘いました。その時何故かわたしも誘われました。

男二人と女三人。
一人余りますね。
余るのはわたしです。

これ自分が行く意味あるのかよと思い、わたしは断りました。

その後どうだったか聞いたところどうも微妙だったようで、カップル成立はなりませんでした。

そしてわたしはモテないまま卒業しました。

供養のため書き記しました。南無。