読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶんちょうの小部屋

徒然なるままに。

にぎり文鳥ワークショップ御礼

文鳥だいすきクラブ
「どうぶつつながり」のイベント内で「にぎり文鳥をつくろう!」というワークショップをしました。6名様にご参加いただきました。

f:id:kinako-nejiri:20160131231803j:image
にぎり文鳥の形を予め用意しておき、好きな色の羊毛を刺してもらいました。
今回は桜文鳥が人気でした。

f:id:kinako-nejiri:20160131232006j:image
白文鳥のポッチは実際の愛鳥さんにあるものだそうです。こういうのは自分で作るからできることですね。桜文鳥もにぎり心地が良かったです。

f:id:kinako-nejiri:20160131232301j:image
こちらは個性的な桜文鳥。

f:id:kinako-nejiri:20160131232344j:image
太めの桜文鳥。愛鳥さんもかなり大きいそうです。

f:id:kinako-nejiri:20160131232428j:image
細めのシルバー文鳥。後ろの桜文鳥はワークショップ中にわたしが作ったものです(見本を持って行くのを忘れたので作りました)。

f:id:kinako-nejiri:20160131232544j:image
細長い桜文鳥。目がぱっちりです。

用意した文鳥のサイズはほとんど変わらないのですが(誤差は1cmもないくらい)、それぞれ長さや体型が違ってくるのが不思議でした。
もちろん顔も違います。
ご本人や愛鳥さんに似るのでしょうか?

ちなみに皆さんわりと羊毛を固めに刺すということも分かり、これもまた新鮮でした。
一人でやっていると気づかないことも多いですね。

ご参加の皆様、ワークショップを開かせてくれた ももちさんありがとうございました。